OJT?Off-JT?研修はどうあるべきか

OJT研修のポイント

教える人と教わる人が一対一で対峙するのがOJT研修の基本になります。そうして、人にモノを教えるには、教える人が何を教えるのかを良く理解していることが重要なポイントになります。新人が入って来ると、一から教えなければなりません。現場の先輩にあたる人が指導に当たりますが、誰でも良いというわけにはいきません。業務の経験がある人であれば大丈夫と思いがちですが、本人が「業務が出来る」のと、そのことを人に教えるのとは別物です。OJT研修の基本は、日常の業務に対して正しい手順と正確な出来栄え、そうして業務が終了する時間までを指導する必要があるのです。そうして、会社が求める「仕事に対する取り組む姿勢」までが研修内容に入っているのです。

OFF-JT研修は教育体系が必要

OFF-JTは集合研修のため、社員は学生時代を思い出すことになります。同じテーマで多くの社員に聞いてもらうため、費用が掛かる外部講師の研修に良く利用されます。ところが社会人となれば、座学で講義を聞くという機会がないので時間とともに眠気がさしてきて、講義内容に集中できないものです。そのためにOFF-JTは、段階的な教育体系に基づいた研修が効果的になります。人事制度の中にOFF-JT教育を取り入れ、受講することで昇進・昇格に連動する仕組みを構築することです。主任の時は優秀だったが、係長になると部下とのトラブルが絶えないというケースを防ぐためにも、昇格前の教育は必要になります。階級に応じたOFF-JTの研修を設定することで、受講者のやる気が生まれてきます。

新人研修とは、主に新卒入社した人を対象に社会人としての最低限のマナーや自社の業務等について説明することです。

© Copyright Characteristics Of Education. All Rights Reserved.