気を付けて!失敗する社員教育の特徴とは

社員教育の目的が曖昧だと失敗する

社員教育は明確な目的がなければ行ったところで意味がありません。
多くの会社では目的を明確にしていますが、社員が成長してくれない会社の社員教育は目的がありません。
目的がないとなぜ失敗につながるのかは、何を覚えて身につけなければいけないのかがわからなくなるからです。
社員教育はスキルアップを目的として行わなければいけませんが、誰でも教えたこと全て覚えて身につけられるわけではありません。
教えることが多ければ多いほど、分からない人たちにとって何が何なのかわからなくなってしまいます。
その結果、覚えてほしい部分を覚えてくれないことが多くなり、教育失敗となります。
そうならないためにも、重要な部分をピンポイントで教えたり、何回かに分けて教育していくなど、教えることを明確にすることが大事です。

教える側の我慢も大事

教育していく中で、失敗ばかりされてしまいイライラすることがよくあります。
イライラするのはわかるけれども、しかし失敗したからといって怒ったり、イライラして教育が雑になってしまうのが失敗につながります。
教育を受けている人は、その仕事に対して素人同然の状態で、何をしていいのかわかりません。
多少の教育だけでは覚えることは非常に難しく、失敗することは当然あります。
その時に怒ってしまうと、その仕事に対して恐怖心が出てしまい、覚えるどころではなくなることがあります。
また、イライラして雑な教育になると、重要な部分を適当な教育になりがちなのでよくありません。
教育を失敗させないためにも、怒ったりイライラするのをできるだけ抑え忍耐強く教えていくことが大事です。

© Copyright Characteristics Of Education. All Rights Reserved.