ビジネスを前に進める社員教育とは?

事業計画に沿った研修テーマ

研修は会社の人材育成に行うものですが、ビジネスに直結して行うには事業計画に沿ったテーマを選ぶことです。会社は年度計画を作成して全従業員に発表をしますが、この目標数字を達成するために必要な知識や技能を実施することです。テーマは一般職、監督職、管理職の階層ごとに研修内容を分けるのがポイントになります。これは階層に準じて、日常の業務内容が違うので、現場の実務に応じた内容を検討します。例えば、一般職は日々の業務を中心とした改善策で一週間先が課題です。監督職には最低でも1か月先を考えたコントロール能力で、遅れが出た時の対策が課題です。そうして管理職には、半年から一年先を予想し、目標に一致させるための改革案を、観察力から企画を組み立てる能力などがテーマです。

研修後の現場実践まで考えたテーマ

研修は聞くだけでは知識になるだけで業績にはつながりません。受講した研修内容を、現場で実践することで新しい知恵が生まれ前進していくものです。このためには、研修のテーマが現場に繋がっていることが前提になります。例えば、営業職の社員日報の記入の仕方を研修で受講しても、聞くだけでは現場に戻ると今までと変わることはありません。ところが、研修内容を現場で実践し、営業部長が日報を研修に基づいてチェックしますとなれば話は違ってきます。更に、日報を研修で提案があった内容に変えていれば、受講者の営業活動はよく効果的になるでしょう。ただし、一般営業社員とは別に、日報のチェック方法や指導の仕方などを監督職と管理職に研修が必要です。

© Copyright Characteristics Of Education. All Rights Reserved.