社員教育はなぜ必要なのか?

会社の進む方向に社員を導く必要があります

社員教育は、学校教育のように人格を向上させたり、知識を与えるのが目的ではありません。会社の理念や目的を達成させるために、社員に教育投資を行うものです。また、会社は組織ですから、一人ひとりの活動を一つの目標に向けて団結することで、より大きな力を生み出そうという狙いがあります。誰でも入社した時点では、会社の将来に対する明確なビジョンを持つことができません。そのために何のために仕事をしているのか不安になるものです。入社して日が浅ければ、単純な作業が多いので個人の目標を見失うことにもなります。社員教育は、入社年数やキャリアに応じて段階的に行います。会社のビジョンに基づき、現在の各人の目標と、そのための業務達成手段を教育します。

時代の情報に対応できる社員教育

会社は単独で事業を行っているわけではありません。常に競争相手がおりますし、地域においては競合状態でつばぜり合いを行うこともあります。わが社の業績が一歩リードしているからといっても、時代の流れは速く、いつ追い抜かれるかわかりません。そのためには、時代に対応できる知識や知恵を社員に教育していく必要があります。特に今は、誰でもが情報を簡単に入手できる時代となりました。しかし、情報が多いということは、それだけ情報に振り回されることにもなります。競争に勝つためには、会社に取って必要な情報を選抜し、社員の意志統一が重要な時代となってきました。現場の一般社員から管理職までが、情報に対して一枚岩となるための教育が必要なのです。

© Copyright Characteristics Of Education. All Rights Reserved.